スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルヘスを辿っていたら厨二病の元祖的なものに行き着いた

「ケニング」というものがあるらしいですね。
ボルヘスの著作を辿っていたら見つけました。古いアイスランド詩に使われていた代称法ということです。
ようするに、喩えで単語を別の言葉に置き換えていくわけですが

詩の一節「剣の嵐と鴉どもの餌食があった」
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
簡約「戦いと死体があった」

上のほうが「ケニング」によって言い換えられた一文です。
下が、ようするに言っている内容。

ちょw
どうしてそうなったw
この変換を延々と繰り返して「詩」を創り上げていくわけですよ。
こいつはすげえ!厨二病ってレベルじゃねえぞ。

ちょっと吟遊詩人たちが活躍してた時代まで遡って、いろいろ勉強してきます!(; ・ω・)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ボルヘスを辿っていた】

「ケニング」というものがあるらしいですね。ボルヘスの著作を辿っていたら見つけました。古いアイスラン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tory_Hitsuji

Author:Tory_Hitsuji
小説家・モノガタリストの鳥居羊。うたたP氏と、ボカロ曲をコラボさせていただいてます。作詞担当。PHP研究所から『こちら、幸福安心委員会です。』ノベル発売中です。よろしくお願いします。

連絡用メアド tory_hitsuji@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。